NURO光マンション/アパートの評判のすべて!集合住宅の遅すぎる光回線ユーザの救世主になるか?爆速2ギガの実際を徹底調査

ネットが速くなるということで切り替えた光回線が使い物にならないと嘆いている方も多いのではないでしょうか?

  • 光回線に変えたけど、自宅マンションのインターネットが遅くて話にならない。
  • 店員さんはネットが速くなるって言っていたのに動画は止まってばかり。
  • PS4のオンラインがブツブツ切れる。
  • スマホの方が速いから家のWiFiに繋がなくなった。スマホ代金はウナギ登り。
  • 色んな光を試したけど、どの回線も遅かった。

そんな状況で泣き寝入りしている方は多いのではないでしょうか。特にマンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方はネットが遅いなんて聞きます。

そんな中、なにやら物凄く速いネット回線があるらしいとのこと。

その名も「NURO光」

爆速2ギガの通信速度で世界最速を誇るスペック。
しかし、今まで散々な目に合ってきたので簡単には信用できませんよね。
快適なネット環境が欲しいだけなのに。

果たしてNURO光マンションの実態や評判はどうなの?
NURO光マンションの評判を調べてみました。

  1. マンションの光回線が遅い理由
  2. NURO光の基礎知識
  3. デメリットや悪い評判もある
  4. まとめ。本当に契約して大丈夫?

1.マンションの光回線が遅い理由

建物の設備で速度が変わる?

どの光回線を使ってもネットが遅い物件は沢山存在します。逆にネットが速いマンションもあります。

違いの原因はマンションに設置されている光回線の設備の違いです。

  • ケース1)古い光回線の設備タイプ
  • ケース2)光回線を入居者でシェアして使っていて建物内での利用者が多いタイプ。

マンションでネットが遅い原因はだいたいこの2パターンです。

NTTの独占市場!光回線サービスの真実

日本では、ほぼ全てNTTの光回線を使用しています。ほぼNTTの寡占市場です。
(一部のエリアではKDDIの光回線もありますが、莫大な費用がかかるためKDDIは光回線の普及を断念しています。)

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光もNTTの光回線を使ってサービスを提供しています。大元が一緒なのでサービスを変えても速くなりませんよね。

最近、沢山の種類の光サービスがありますが、全部NTTの光回線を借りているサービスです。

プロバイダを変えれば速くなる?

プロバイダを変更しても速度は変わりますが劇的に速度が向上することは稀ですし、一社一社確かめる訳にもいきません。逆に遅くなることもあります。

マンションでは光回線をみんなでシェアして使うため、料金を安くすることが可能です。

しかしその反面、光を使う人が増えれば増えるほど遅くなっていきます。
利用者が多ければ設備の増強をしなければなりませんが、現実に設備増強されることはほぼないでしょう。

WiFiルーターの方が良いのでは?

UQ WiMAXやソフトバンクAirなど使い放題のルーターもありますが、場合によってはそちらのほうが速いこともあります。

しかし、使い放題のルーターは厳密に言うと使い放題ではありません。
使い放題を謳ってはいますが、一定の条件下では制限をかけることが記載されています。

利用者が集中すれば回線が混雑して遅くなります。

じゃあ諦めるしかないの?

インターネット設備の良いマンションへ引っ越すわけにも行かないし、今のマンションでなんとかネットの速度を上げたい。
もしかしたらNURO光だったら解決するかもしれません。

2. NURO光の基礎知識!NURO光とは

まず読み方が分からない。

NURO光(ニューロひかり)と読みます。なんだか怪しい響きですね。でも、これはSONYの子会社のSo-netが展開している回線です。怪しい会社ではないのでご安心を。

本当に速いの?

通信速度は世界最速の2ギガを誇ります。
フレッツ光やドコモ光・au光・ソフトバンク光が1ギガのスピードですから2倍のスピードですね。実際2ギガのスピードは出ませんが理論値では最速です。

なぜ速いの?

通常の光回線サービスは、すでに建物内に配線されている工事済の光を使うだけです。(コラボ光系)
業者を乗り換えしても使っている光回線はそのままです。

乗り換え時に工事費がかかりますが、実際は工事業者が来て配線をチラってみて帰るだけ。
つまり無駄な工事費を取られた挙げ句、利用料金を回収する業者が変わるだけなのです。

対してNURO光はNTTが余分に持て余している光回線を使います。
実は電柱についているボックスのなかに予備の光ファイバーが大量に入っているのです。
これをダークファイバーと呼びます。

この余っているダークファイバーを電柱から新たにマンションに引き込んでNURO光の利用者のみでシェアします。通信規格も違います。

新しく引き込んだ光をNURO光ユーザーのみでシェアしますから速度が出ます。実際、速度に満足しているユーザーは多いようです。

料金は?

プロバイダ料金込みの料金は2種類です。

  • 2階建て以下の集合住宅は4,743円
  • 3階~7階建てまでの集合住宅は4,743円もしくは1,900円~2,500円
  • 8階建て以上の集合住宅は1,900円~2,500円

  • 一本のダークファイバーを自分だけで使うNURO光は4,743円

  • 4人以上の加入者でシェアして使うNURO光forマンションは1,900円~2,500円

光をシェアする人数で料金に違いが出ます。

3階建て~7階建ての集合住宅にお住まいの方はどちらでも選択できます。
さらにNURO光forマンションに加入するにはハードルがあります。

NURO光forマンションは安いが厳しい条件がある

単独タイプでも充分安いですが、マンションタイプの安さは魅力的ですよね。しかし、導入条件は少し厳しいです。

8階以上のマンションにお住まいの方は7階以下の部屋に住んでいたとしてもNURO光forマンションしか選べません。

目安としては40世帯以上のマンションが対象とのこと。

導入条件は「4人以上の利用者がいること」です。つまり、使いたい人を集めないといけません。

なんとしてでも回線を速くしたい方は、お住まいのマンション管理組合の総会で応募を募るしかありませんね。
工事許可など色々と面倒くさいことが多いですが、そこは理事長に任せましょう。

3. デメリットや悪い評判も教えます

提供エリアが狭い

NURO光は全国で使えるわけではありません。
サービス提供エリアはこちらです。
東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
これ以外の地区では使えません。

開通までに時間がかかる

NURO光forマンションは申し込んでから、どれくらいで開通するかが分かりません。
結局、開通できない場合もあります。

利用者が3人以下になるとサービスが強制終了してしまう

苦労して導入したNURO光forマンションも利用者が3人以下になると終わりです。
4人で利用しているマンションでは1人解約したらアウトです。怖いですね。

4. まとめ。本当にNURO光を契約して大丈夫?

さて、良い評判もあれば悪い評判もあるNURO光のマンション系サービスでしたがいかがでしたでしょうか。

結論として、今お使いの光回線が全く使い物にならない方は試す価値ありだと思います。

特に7階以下の集合住宅にお住まいの方で速度を求める方はNURO光の単独タイプを使ってみても良いかもしれません。

8階以上のマンションにお住まいの方は管理組合で要相談です。

知人を募って少人数でNURO光forマンションに申込みするのはあまりお勧めしません。

大多数のユーザーは2ギガまでの速さは求めていませんが、最低限の速度は必要ですよね。PS4のオンラインが切れたり、動画もまともに見られない回線では光回線を契約している意味もありません。

今の回線では絶対満足できない方は最後の乗り換えとして検討してみても良いかもしれません。
契約内容は、よく確認してから申し込みましょうね!

以上、NURO光マンションの評判でした。

SNSでもご購読できます。