Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/wimax/quercite.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

NURO光 戸建てタイプの悪い評判・良い評判!実際どうなのか、冷静に評価してみた

こんな話を聞きました。
「どうやら2ギガのNURO光の評判が良いらしい」
巷でウワサのNURO光です。

しかし、こんな声も多く聞きます。
「ウチ1ギガの光だけど3メガしか出てないよ。」
実際にとんでもなく遅い光回線があるのは事実です。

2000年初頭に登場したADSLには衝撃を受けました。しかし、ADSLはNTT基地局から自宅までの距離により速度が変わるため、場所によっては使えないこともしばしば。

そんな中、光回線が登場しました。50メガから100メガ、さらには200メガの通信速度なりました。
近年では1ギガに到達しました。
しかし、実際に使ってみたら思っていたより遅いなんて話はゴロゴロ転がっています。

NURO光の通信速度は1ギガを遥かに上回る2ギガです。
嘘だらけの通信業界で世界最速を自負しているNURO光は果たして通信業界の救世主となるのか?
ちょっと辛口で探っていきましょう!

  1. NURO光の真実
  2. 光回線の速度が出ない理由
  3. 使えるエリアが狭い
  4. 工事が2回も
  5. サポートセンターがサポートしてくれない
  6. 訪問販売や電話営業がえげつない
  7. お得情報
  8. まとめ

1. NURO光の真実

嘘だらけの通信業界 世界最速の「NURO光」とは

NURO光とはSONYの子会社のSo-netが提供する光回線です。
NTTが使っていないダークファーバーという光回線を使っています。

さらにG-PONという伝送技術を用いて2ギガの高速通信を可能としています。
主に戸建てや7階建て以下の集合住宅で利用できます。

NURO光forマンションという大型マンション専用プランもありますが、導入するには相当手間がかかりそうです。

リアルガチな速度 2ギガはまず出ないが…

NURO光の最大通信速度は2ギガですが、実際は300メガくらいが妥当ラインになっています。
とはいえ、実測で300メガ。これは充分満足できる速さでしょう。

なかには900メガクラスの方もいらっしゃいます。

この速度を体感するにはPC環境やルーター、LANケーブルなどを最新規格のものに変更する必要があります。
オンラインゲームや4k動画のストリーミング再生も余裕ですね。

さすがに壊滅的に遅い報告は見当たりません。2ギガは出ませんが、速度への満足度は非常に高いようです。

基本料金など

  • 料金はプロバイダ込:4,743円
  • 工事費:40,000円(30ヶ月1,344円割引で実質無料)
  • 事務手数料:3,000円
  • 契約期間:2年間
  • 契約解除料:9,500円

他社のコラボ光が5,200円前後なのでお得に感じます。

契約期間の落とし穴ですが、2年で解約すると工事費の残債分が一括請求されます。
4年目の契約更新月で解約しないと、どうやっても違約金がかかる仕組みです。

NURO光10ギガ

現在、東京中心や神奈川で申し込めるようです。でも一般家庭で10ギガの通信速度もいりませんよね。
世界最速を体感してみたい方は実験的に加入してみるのもありかも。

2. 光回線の速度が出ない理由

NURO光にかぎらず、戸建ての光回線で速度が遅くなる原因は、おおまかに分けて3種類あります。

周辺機器が古い

ADSL時代からインターネットを使っていて、無線LANルーターやLANケーブルが古いままだと、機器自体が遅くしている原因かもしれません。

プロバイダが悪い

今、契約中のプロバイダが悪い場合もあります。
加入しているプロバイダの利用者数が多く、夕方や夜などにアクセスが集中すると回線が渋滞を起こして、遅くなる場合があります。

これはプロバイダ側がお住まいのエリアの設備を増強しなければ改善しません。
こちらでお住まいの地域の速度平均を調べることができます

「みんなの測定結果」
http://netspeed.studio-radish.com/cgi-bin/netspeed/openresult/openresult.cgi

ただしあくまで参考程度にどうぞ。
地域によって速度が遅いプロバイダと速いプロバイダがあります。プロバイダを変えてみるのも手です。

解決不可能!?近所の光回線利用率が高い

お住まいの地域の問題です。光回線は、1本の光ファイバーから最大32分岐されます。

ご近所さんが32世帯全て光ユーザーであれば1ギガの32分の1しか速度が出ません。
こうなると混雑する時間帯は壊滅的な速度です。

これは既存で配線されているNTTの光を使っている限り、解決不可能です。
ただ、このケースではNURO光で使用している「ダークファイバー」であれば改善できるかもしれません。

3. 使えるエリアが狭い

さて、ダークファイバーを利用できるNURO光は、回線品質向上唯一の突破口になりそうです。

いざNURO光にしようと決意して申込みをすることにしたとしましょう。その前にエリアの壁が立ちはだかります。

NURO光は使えるエリアが狭いのです。

  • 関東圏:東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
  • 関西圏:愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

このエリア以外では使えません。

公式サイトでエリア判定してみましょう。
https://www.nuro.jp/

4. 工事が2回も

提供エリア判定はなんとかクリアしたとします。しかし、ここからが面倒くさい。

NURO光戸建てタイプでは工事が2回あります。どちらも立ち会いが必要です。

1回目の宅内工事

まず家の外壁に光キャビネットを取り付けます。これはビス止めになりますので、外壁に傷がつきます。
アパートの場合は大家さんの承諾が必要です。

その後、宅内配線となりますが、電話線などの既存配管が使えない場合はエアコンダクトからの入線もしくは穴あけ工事になります。
穴あけ工事は家主の許可が必要です。

そして部屋の中に光コンセントをつけてONUを繋いで終了です。

2回目の宅外工事

電柱から光ファイバーを引っ張ってきて外壁のキャビネットに繋ぐ工事です。
申込みから工事までに最短20日程度かかります。

1ヶ月はかかると思っていたほうがいいですね。かなり待たされるのを覚悟しておいたほうが良いです。

でも、工事さえ乗り越えれば待望のストレスフリーなネット生活が待っているはず。

5. サポートセンターがサポートしてくれない

開通したのはいいけどサポートセンターに繋がらない。繋がったけど問題が解決しない。

どこの回線事業者でもそうですが、サポセンの意味ってなんだろう?とよく思います。

NURO光でもサポートセンターの対応の悪さに書き込みがあるようです。これはオペレーター次第ですね。

新人オペレーターにあたったらしょうがないです。
今の時代、ネットのほうが助けてくれたりします。ググって自分でなんとかしましょう。

6. 訪問販売や電話営業がえげつない

NURO光に限ったことではないですが、インターネット回線って訪問販売の営業マンや勧誘電話がしつこいですよね。

光はほぼ全てNTT回線を使っていますので、「NTTの新サービスで~」などと言って近づいてきます。
ちょっとでも話してしまうと地の果てまでも追いかけられます。
これは昔からの風潮です。

代理店の営業マンにもノルマがありますので、見込み客には強烈アタックしてきます。
なかには不正な言い回しを使って、知らず知らずのうちに契約させるなんて事例もあります。

いらないときはきっぱりと「いりません」と断ってください。
曖昧な態度を取っているといつまでも追いかけられます。

7. お得情報

悪い評判ばかりで少し不安ですが、お得な情報もあります。

NURO光戸建てタイプは4,743円でプロバイダ料金、無線LANルーター、ウイルスソフトもコミコミです。正直これはかなり良い。

さらにNUROひかり電話に加入するとソフトバンクユーザーなら「おうち割 光セット」が適用されます。スマホ代がお得になります。

さらにキャッシュバックや入会キャンペーンも開催しています。乗り換えを検討している方には見逃せない内容になっています。

8. まとめ

今や光回線は数えきれないほどありますが、ほとんど全てが今までのフレッツ光の使い回しです。

もし、自宅のネット環境がNTT設備の関係でどうしようもない場合は1ギガの光に変えたところで意味はありません。

ネットが速くなると言われて、消費者はいつも騙されてばかりです。さらには通信業者の大半はサポート体制が不十分です。

しかし、NURO光に限っては今までのシステムとは異なる点があり、どうにもならなかった速度を改善できる可能性があります。

実際に工事の面倒臭さや、悪い評判もありますが速度が速いのは事実です。

何をしてもネット速度が壊滅的に遅いという世帯はNURO光が唯一の救いになるかもしれませんね。
インターネットの速度に不満のある方は2年間だけ試してみるのもアリかと思います。

以上、NURO光戸建てタイプの評判でした。

SNSでもご購読できます。